月別アーカイブ: 2016年8月

トランプではチャンピオンです。

家族で色々なゲームを通して楽しんでいますが、私の得意なゲームはトランプによるものです。中でも行動というゲームでは、現況粗相知らずです。三男というこどもが、必ずや自身を負かそうという際限なくチャレンジして顕れるのが、困りながらも頼もしいタームです。自身が何でトランプゲームに手強いかというと、私の学生時代にはコンピューターゲームが無く、学校で遊ぶのはトランプが手頃だったからだ。ひと休みに至る度に、決まった会員でタームを惜しんで遊んでいました。ド貧民(大貧民・ブルジョワということもあるようです)も大好きなゲームの1つで、これも家族でわいわい騒ぎながら、タームを忘れて楽しんでいます。ひときわ、子どもに件数の隔り・画策などを授ける、互角にゲームができるようになった時時、感慨深いものがあります。子どもが時時勝つと、有難い半面、まだまだチャンピオンの座は渡さないぞ、という気持ちになります。現況、子供たちにはトランプゲームにおいては、尊敬されているようです。ランドセル人気女の子

乳児ピクチャーブックの読み聞かせ

昔に連日ピクチャーブックを読んで持ち上げるのは、子育てによってポイントと一生懸命聞きますよね。たとえば「気力が引っ付く」、「旗印を感じ取る」「イマジネーションを養う」周辺。わたしは5年代の三男って2年代の幼児がいますが、出来る限り日毎最少はじめ冊~二冊、年月があればそれ以上。読み聞かせがとれることを目標にして生じる。とはいっても出来ない日もあるのですが。最近は小さい頃から塾に行ったり習い事を幅広くしてますが、住宅にはそういった経済的空席は無い契約、読み聞かせなら図書館で借りたり、たまにお気に入りの小説は購入したりって、これならいただける!と思ったからだ。幼稚園の読み聞かせタイプにも入りました。小説の選び方としては日増しにママが好きなもの、おもしろいと思ったものでいいと思います。そうなると自然に意見にも感情が入ります。先どうも福音館様の小説はリミット感じです。個人的にはひさかたチャイルド様の小説も画図がかわいくて好きです。
因みにテレビでやってましたが、東大生の8割は昔に読み聞かせを通してもらっていたと言ってました。ママのキメ細かい感想で読むのは効果があるんでしょうかね。ちびっことのミーティングにおいてオススメです。身長を伸ばす食べ物