缶けり王子は私の真相

缶けりって男児ならおおかた一度や二都度はゃったことがある遊戯だと思うけれど、いかがでしょう。キッズだった領域、わが家の前には八幡神社があって、神社や杉の木などのせいで絶好の缶けり業者があった。近所のキッズ彼らや小学校のクラスメイトと敷地内で陣地ピックアップやうしろの近所だこいつや、ビー玉などさらに遊戯まくったものだ。
その中でも缶けりは皆が特別エキサイトする遊戯で、自分も大好きな遊戯だった。何がうれしいって鬼の目を盗んでいかにして缶をけり転がすか、そのストレスがたまらない。人となりみたいに引っ込み思案のサロンもある程度あったのでそれでは1人でいいから先に誰か鬼にみつかるまではずーっとじっとしていて(せこい)、それから事柄初回。忍びのごとく近寄り、鬼が気が付いた時には一際缶を蹴り掲げる。その瞬間に至福の気持ちよさが全体に関する気迫は今でも忘れられない。
当時一番の缶けり頻度を憶え、友達はセルフを「缶けり王子」と呼び、一体全体いい気になっていたものだ。滅茶滅茶だね、からきし。旦那の浮気で悩んでいる方へ!