医者通い

いわゆる大人になってから数年に一度は病院通いをやる。不具合だが歯は形質遺伝ということだから仕方ないとあきらめてある。とある特定の歯が痛くて歯医者にいくのだが、当初の用事が終わっても、ここも治しておいた方が良いなどと言われて、いつまでも診察が長引くのが窮する。歯医者は虫歯のバクテリアを植え付けているのではないか、などと疑心暗鬼にかられたこともある。
遺伝とは言え、虫歯などはやはり普段の施術の邪魔なのだろう。なるべく助言はやる意図だが、それでも時にやられて仕舞う。
最近は新たに虫歯になることはないが、歯周病という厄介なものになることが多い。たまたま今のところ歯槽膿漏になってはおらず、入れ歯にせよとも言われていない。できればこのまま最後まで自分の歯で行きたいと思っているのだが、ともかく時たまこういう歯周病のせいで、歯が、と言うよりも歯の間近が痛くなり、病院に行くことに達する。
昨今も下の左手裏の歯の間近が痛くなった。なかにはそういうことがあるのだが、とうに虫歯ではないことは分かっているし、その周りの歯の怒りも取って貰ってあるのだから、歯期間ブラシを使って普段より綿密にシミを取れば数日で歯茎の浮腫もひっこんでいた。http://xn--t8j4kwc5b638xsc8c.com/