オリコンをアニソンが席巻して仕舞う実態について

CDが売れないと言われてから甚だ経ったと思いますが、おいおい総和万枚売れただけでオリコンの上位にはいれて仕舞う現代がこようとは
甚だなさけない話ですね。
そんな中、マンガソングが着々とそのランクを条件しつつあります。
いわゆる90時代や2000時代初期に売れていたミュージシャンでさえもちっとも趨勢がないので、
声優のシングル曲やマンガの考え方ソングなどよりも売れないなんてことがざらにあります。
そういえば魔術教員ネギま!というマンガの主題歌が12ヶ月連続でリリースされるという結果、
公演やる生徒が順番に歌っていたのですが、それのどれでもいいのでオリコンの1あたりに押し上げようなんていう思索がありましたね。
たしか最高品種は2あたりくらいだったでしょうか、一位は獲得できていなかった気がしますが、
少しネットで焚きつけるだけで簡単にジャンルが運用適うというのはとてもほぼかなしい時代になったもんだと思いましたね。
今後はアイチューンズなど調査のものが流行ってくると当てはまるので、その辺で音響業界がリバイバルしていければいいですね。http://xn--cckexcu1mi9d.jp/