幼児におお客様を手作りしてみたけれど

先ちびっこができたら・・・三ごとの料理は無論、お系統はなるたけオリジナルで。
わたしは続続、そんなふうに思っていました。おんなじイマジネーションを見ていらっしゃる女性は多いのではないでしょうか。
添加物を入れない手作りのお菓子はやはり体にいい。
けれどもそれ以上におもうのは・・・子供に手作りのお菓子を作ってささげるなんて、「可愛い夫人」の標本のみたい。
一段と、そのお菓子を子供と一気に作れば、食育にもなるし、子供の嬉しい事件にものぼる。
とにかく「楽しい夫人」になりたいです代物ね。
につき、わたしは子供に手作りのおタイプをあげるのが、イマジネーションでした。

後わたしは二人の子供に恵まれました。
けれども祖父母が市販のお菓子をじゃんじゃん見せるので、子ども達はさっぱりお店舗のお菓子の虜になってしまっていました。
こうしたある日、いよいよ、かねてからの夢だった、「子供と共にお菓子中身」を実行しました!
作ったものは、子ども達が大好きな、プリン。
生まれは、玉子、胸、砂糖。いたってスムーズです。
子供と共に卵を割って。胸といった砂糖を混ぜて。カラメル実態を作って、蒸して、冷やして・・・。
取引。子ども達も大快感です。

さて、初めての、子ども達とのオリジナルお系統。
子ども達の感想は・・・
「・・・お店舗のプリンのほうが旨い」。
ガッカリしました。
オリジナルプリン、わたしは美味しかったんですけどね。胸といった卵の、シンプルで容易いテーストで。
も、市販のプリンを食べ慣れている子供たちには、そのやさしいテーストが、物足りなく感じたようです。
残念。
けれども子供って、得てしてこんなものなんですよね。
それに懲りずに、ちびっこが満足してくれるような、オリジナルお菓子を、これからもチャレンジしていきたいとやる。http://www.xn--u9j5j1a1533a3zf6n1g.xyz/