私の道楽「ウルトラマラソン」

「人間に自慢できるようなヤバイことをやりたい」ってひらめき、マラソンの重ねもないままに四万十川ウルトラマラソンに応募しました。ウルトラマラソンは、100kmの差異を昼前5うち頃にスタートして夜中7うちぐらいまで計14タームを関門としたマラソンビッグイベントです。フルマラソンの重ねも無く、遊びさっきも大当たり20km程度しか走ったことがありませんでしたが、「現にとなったら歩いても行き先とれるだろう」と軽い目当てで挑みました。但し結果は通り掛け脱落。50動き位からトボトボ走り回り動き出し、63km職場での関門に間に合いませんでした。驚いたのが、足が痛くて歩くこともままならなかった例。「速歩きくらいのペースで行き先できる」といった甘く思っていたのが放棄でした。「でも60kmもヤバイじゃないか」という人脈は言いますが、完走できなかったことが感動がいかず、通年かけて躾を始めました。月額100kmの躾、土日は20動きのロングを繰り返し、通年後のビッグイベントに仇討をかけて参加しました。結果は13ターム半って、何とかギリギリでゴールすることができました。道中は辛かったですが、途中で食べたオニギリや、応援してくれた沿道の人間、ゴールした瞬間など、御礼や意気ごみが忘れられず、今でもご時世一回はウルトラマラソンに参加するようになりました。全身脱毛 月額

いよいよ持ち家にも佐川男子が来た

「佐川男児」が流行っていますが、我が家にいらっしゃる佐川急便の配達員は先祖だ。
悪い人じゃないし、寧ろ神経質だし親身だしとてもいい先祖です。
だけど、たまには若々しくてカッコいい、そして爽やか佐川男児が我が家にも欠けるかなぁ~
なんて夢物語、いや想像していたんですけど、来たことがありませんでした。
ある日印象清浄機を通販で買った間、その配達のお天道様だ。
我が家にも来ました!佐川男児が!(≧▽≦)
大きくて根深い印象清浄機は流石にいつもの先祖では無理だったためか、
この日はボリュームの良いういういしいお兄さんが届けに来てくれました。
それはまさしく世にいう「佐川男児」自身!
身の丈が激しく、カッコよくて爽快で、微笑も至極抜群♪
ふと見とれてしまいました。
今後も時に来てくれるようになるかなぁ~なんて思っていますが、
あれからは一度も来てくれません(^^;)いつもの先祖だ。
あーまたあの佐川男児来てくれないかなぁ。全身脱毛

又もや、ラジオっていいなあ

中高生のときに、たっぷり深夜のAMラジオを聞いていました。
その後はラジオ、ラジカセを使わなくなったという事もあってラジオから離れていたのですが、近頃また聞き始めました。
というのも、スマホで頑張るradikoというラジオを聞くことのできるアプリや、ポッドキャストの位置づけを知ったからだ。

何か作業するときに音響を聞くのも捗るのですが、少々物足りないと思えるときもありますよね。
けれどもテレビだとディスプレーをみちゃうし…という通りラジオがとても便利です。
しかもラジオの品格はアナウンサーの方やコメディアンちゃんが手広く、キーワードが詳しい!
自分の手順をしながら、キーワードのストーリーを得る事ができるし、普通に四隅のストーリーが嬉しいので笑ってしまって来る。
笑うといった、いい気分交代になるんですよね。
ラジオには専門ウィークといって、名人想定コネがきたり、要素や手助けが残る週があるので、そういったときに聞くのもおかしいですよ。
スマホで簡単に分かるので、転居期間などにもおすすめです。酵素ダイエット 効果

余裕をもって組みたてる食事は嬉しい

最近産休に入ってテンポができた結局、夕食にテンポをさけることがおもしろいです。きのうは朝からから揚げを漬け込み、夜に大量に揚げました。住まいはフライ用の鍋がないのでフライパンで片付けるのですが、フライパン全般にいきわたるくらいの油の容積もうわべカラッといったひとつはジューシーにできるのでおすすめです。セルフはすき油を瓶で保持したりすることが嫌いなので、その点も助かっています。副菜は働いていたときは心配りしか作るマージンがなかったのですが、最近は底辺2一品は設けるようにしています。きのうはハッシュドポテトというポテトサラダを作りました。ポテトが多いのは、私の祖母が農家を通じていて新じゃがを大量にもらったからだ。じゃがいもは思い切りチョイスが利くので日々にとってはありがたいです。あとは定番のごはんっておすまし汁。以前は容積が足らずに食後に軽食をボリボリ食べていたのですが、現在は満腹大丈夫の夕食になっています。これから夏になるため、野菜もガンガン美味くなっていくので最上級を取り入れていきたいですね。即日融資 カードローン

缶けり王子は私の実質

缶けりって男子なら恐らく一度や二都度はゃったことがある試合だと思うけれど、いかがでしょう。乳幼児だった近辺、わが家の前には八幡神社があって、神社や杉の木などのせいで絶好の缶けりポイントがあった。近所の乳幼児連中や小学校のクラスメイトと敷地内で陣地受領やうしろの近辺だここや、ビー玉など断然試合まくったものだ。
その中でも缶けりは皆がパーフェクトエキサイトする試合で、自分も大好きな試合だった。何が興味深いって鬼の目を盗んでいかにして缶をけり引っくり返すか、そのやる気がたまらない。人間分類に引っ込み思案の近辺もある程度あったのでそれでは1人でいいから先に誰か鬼にみつかるまでは思う存分じっとしていて(せこい)、それから用事初版。忍びのごとく近寄り、鬼が気が付いた時にはかなり缶を蹴り褒めちぎる。その瞬間に至福の気持ちよさが総数に関する興奮は今でも忘れられない。
当時一番の缶けり数を憶え、メンバーは独力を「缶けり王子」と呼び、果たしていい気になっていたものだ。馬鹿だね、ちっとも。コラーゲンドリンク